出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)後は特に下半身が太ってしまう人が多いのです。これは、骨盤(妊娠中や出産後は特に歪みやすいといわれています)のゆるみに原因があります。出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)の時は、骨盤(大腿骨と脊柱の間にある体を支える骨の集合体です)がゆるんで拡がっていないと、赤ちゃん(赤ちゃんが生まれるまでは子供好きじゃなかった方も、自分の子供が産まれてみると、赤ちゃんがかわいくて仕方がないということがよくあるみたいです)が出てこられません。ですから、産後は人生の中で一番骨盤(ゴムのベルトを付けることで矯正できるでしょう)がひろがっている状態です。出産を終え、あかちゃんや胎盤などが外に出てしまった後は、骨盤の周辺はスカスカになっていて、力も入りにくくになっているのです。一般に産後三週間と言う物は、体を回復させるために出来るだけ寝たきりの生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)をするといわれていますが、骨盤(男女の形状差が大きく、法医学では性別を判定するために調べたりもするでしょう)も開ききった状態から、この期間に自然に戻っていきます。しかし、このときに体をのんびりと休めずに、動きまわったり家事をしたりとムリをすると、骨盤が歪んだり、上手く戻る事が出来ずに、拡がった状態のまま固まってしまいますよね。これが、産後の下半身太りの大きな原因になるのです。ですから、このとき期に無理をしないことがとても大切です。そして、もう1つ。骨盤が開いてしまっている産後の時期は、実は筋肉も同じように緩んでいるかもしれませんね。つまり、骨盤(骨髄移植の際には、腸骨や坐骨から骨髄液を採取するそうです)の位置を正しい位置に戻しやすい時期でもあるでしょう。下半身太りの原因は、骨盤(男女の形状差が大きく、法医学では性別を判定するために調べたりもするでしょう)が歪み、そこにあまった脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)が付くからだと言われています。そこで、この時期を上手に利用し、骨盤をきちんと戻すことで、下半身太りを解消することもできると言う事ですね。場合によると、妊娠前よりも下半身がスリムになれるとなるんです。このとき期は、産後用の骨盤矯正ガードルやベルトを使用したり、骨盤矯正体操をすると良いでしょうー